JUGEMテーマ:電子工作

最初、CNC 4.02で、シミュレーション

モードという表示が切り替わらず、

石のように動かない。その後、ようやく

スピンドルを回転させるところまでいっ

たものの、うまくいかなかった。

原因として考えられるのは、

・とりあえずX軸,Y軸,Z軸の原点設定の

ボタンを押してしまい、Z軸のアプローチ

高さが高すぎる

・マニュアルで指定のされていない

テストデータを使ってしまった

という事で、加工手順の説明に記載され

ている、「Design Spark PCB による

ガーバーデータ作成」にしたがって

テストデータを作ることにした。

・まずはプリント基板設計CAD 

Design SparkPCBを、無料で

ダウンロードする。

・サンプルファイル 

digital circuit.pcbを開き、

設定を行う。Runボタンを押し、

ガーバーデータを出力する。

・このあと、ORIMIN PCB を立ち上げ、

ガーバーデータの加工経路を決める。

加工条件設定画面でツール径や加工深さ

などを決め、保存する。

・さらにCNC 4.02を立ち上げる。

・生基板や捨て板を、テープで固定する。

Z軸を下げる、スピンドルをゆるめると

いった作業で、スピンドルが生基板に

軽く当たるようにする。

・ここで原点設定、X軸,Y軸,Z軸の

それぞれのボタンを押す。

・原点設定完了。Z軸を少し上げる。

・加工スタート。パターン、穴、外形を

削り出していく。30分くらいで終了。

自動でクルクルとZ軸のハンドルが回る。

テストデータを、無事に削り出す

事ができた。

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする